目指すところは、いい塩梅

40代からの心地いい暮らしを見つけたい

塩麴の作り方

米麹を使い始めて

麹を混ぜながら少しずつの変化を見る毎日が

楽しいなと感じます。

 

ほんのちょっとの変化なのだけれど

あ~今日も育ってるなぁと思いながら

今日も混ぜ混ぜしています。

 

難点があるとすれば

出来上がるまでに、数日かかるので

無くなってしまってから、次を作り始めたのでは

しばらく無いままということでしょうか。

 

甘酒、しょうゆ麹の作り方は書いていたけど

塩麴の作り方はまだだったので

今回は、塩麴の作り方を書いてみます。

 

用意するもの

米麹 200g

塩  60g

水  カップ11/4

保存容器

 

f:id:fukuyamalife:20180416160333j:image

 

いつものまるみ麹本店さんの米麹と塩です。

 

作り方

①保存容器に米麹を入れ、軽くほぐして

 塩も入れて混ぜます。

 

f:id:fukuyamalife:20180416160446j:image

 

②次に水を入れて、またしっかり混ぜます。

 

f:id:fukuyamalife:20180416160517j:image

 

③フタをして、置いておきます。

 一日一回混ぜてあげてください。

   下の写真が五日間経った時の様子です。

 なじんで来てるのが、写真でわかるかな・・

 

f:id:fukuyamalife:20180416160558j:image

 

下の写真が、八日目の様子です。

ちょっと味見してみて

塩辛いだけじゃなくなってきていたので

出来上がり!

 

f:id:fukuyamalife:20180416160643j:image

 

最後に

 

”出来上がりの基準、そんないい加減な感じなんだ”と

思われそうですが、そうなんですよね。

 

室温などにもよるので

一概に、何日経ったら出来上がり!とは

ならないので、味見してもらうのが

一番いいかと思います。

 

この決まっていない感じが

麹を使っていて楽しいと思えるポイントでもあると

私は思っていますので

あまり神経質にならずに作ってください。

 

作り方も、麹を使ったものは

基本、材料を混ぜて

一日一回混ぜながら、待つ。

 

その間、様子を見ながら

作るというより育てるという感じでしょうか。

 

塩麴は、お肉の下味に使ったり

炒め物の味付けにしたりと、いろいろと使えます。

 

最初は、出来たものがパウチで販売されていますので

それを使ってみてもいいと思いますし

それで美味しくなるなと思ったら

ぜひおうちで、麹から作ってみてはいかかでしょうか。