目指すところは、いい塩梅

40代からの心地いい暮らしを見つけたい

子宮筋腫~手術とその後~

今回は、いざ手術!というところの話。

どんな感じだったのか

白河産婦人科での私の場合を。

 

手術前日の様子

手術前日のお昼に入院します。

そこから数日は入浴できないので

家で入浴を済ませ、お昼ご飯を食べて

病院へ向かいました。

この時は、まだあまり実感もなく

普通に病院に行くという感覚でした。

 

そして、先生の診察を受けてから病室へ。

 

案内された病室は術後また移動するので

荷物はあまり出すことなく待機という感じです。

 

それからは、病室で手術前後の注意事項を聞いたり

剃毛や手術用のカテーテルを入れたり

ストッキングを着用したりと

どんどん準備は進んでいきます。

緊張していたのか、血圧は高めでした。

 

夕食にフルーツを少し食べた後は絶食です。

夜8時以降は、口にしていいのは水のみとなりました。

 

食べてはいけないのだけれど

水分はしっかりとらなくてはいけないということで

朝までに、ペットボトルの水2本は飲むようにという指示がでました。

 

飲まなくてはいけないとなると意外と辛かったな。

 

夜は、睡眠導入剤を飲み、早めに就寝・・なのですが、

私は緊張していたからか

薬を飲んだにも関わらず

深夜1時過ぎごろには目が覚め

そこから隣の方のいびきが気になり(この時は二人部屋)

ぐっすり寝ることなく、朝を迎えることとなりました。

 

手術当日の様子

私の手術は3番目だったので、

お昼過ぎに、荷物を持って

手術室の隣の待機室みたいな所へ移動。

この部屋には当日手術をする患者さん全員が

順番に案内されていました。

術後、一晩この部屋で経過を見るので

手術が終わられた方が帰ってこられる様子を感じて

待っている私はますます緊張しました。

 

緊張の一番のピークは

手術用の帽子を被って

手術室に移動するのを待っていた数分間ですね。

その時は、吐きそうなほど緊張しました。

 

看護婦さんが迎えに来てくれて

自分で歩いて手術室へ移動し

麻酔医の先生や看護師さんに挨拶をしながら

自分で手術台にあがり

腕が少しだるくなったかなと思うのが早いか

そこからの私の記憶はありません。

 

気が付けは、待機室のベットで寝ていました。

目は頑張れば開けられるのだけど

とても眠く、からだも動かず・・・。

主人と姉の顔は見えたけど、反応も出来ず。

 

その日の夜も、隣の方のいびきに悩まされつつ

なんとなく寝たような、起きていたような

という感じで朝が来ました。

 

手術翌日

動かすことが出来る範囲で

地味に体は動かすようにと聞いていたので

目が覚めてからは、足や腕

寝返らないまでも、肩を少しずつ浮かせてみたり

ベットを起こしたりしていました。

 

導尿カテーテルが外れたら

自分の病室へ歩いて移動ですので

目覚めてから体を少しずつでも動かしていたのは

良かったと思います。

割とすんなり起き上がり歩くことが出来ました。

 

その日から、なるべく歩くようにと言われます。

なので水分を取って、トイレに行ったり

ベット周りをうろうろしてみたり。

 

傷が痛くて・・というよりは

私は縫ってある糸の端が

下着にあったて痛いという感じでした。

 

他の手術を受けたことがあるわけではないですが

腹腔鏡手術は、傷が小さいので

ほんとに術後は、楽でした。

咳やくしゃみが出る時どうだろうと心配していましたが

”あ、痛っ”というくらいの感じでした。

 

術後の経過 

食事をちゃんと食べれるようになったら

みるみる回復していくのが

自分でもはっきりとわかりました。

 

術中、お腹にガスを入れて膨らませるのですが

そのガスの残りが鎖骨あたりに少し上がってきたのでしょう。

術後二日目くらいに

左肩が少し痛かったかなという感じです。

背中や肩に痛みが出る人は多いようです。

 

でもこれは、体を動かすことで

ガスも抜けやすくなるので、地味に動くに限ります。

 

スケジュールとしては、金曜のお昼に入院し

翌週の木曜日の午前中に退院しました。

 

早いなぁと思うかもしれませんが

退院するころにはかなり楽になっています。

実際、私は退院した日に家に帰ってから

洗濯をし、掃除機もかけました。

 

最後に

健康優良児で大した病気もしたことのない私でしたので

全身麻酔で手術というと、とても不安でした。

 

いろいろ考え不安になったりもしていましたが

先生を信じるしかなく

結局、患者である私に出来ることは

自分の体調と整えておくということくらいです。

 

でも、それが一番大事なことですので

基本ですが、早寝早起きで規則正しい生活をし

万全の体調にしておくということを心掛けてください。

 

それではまた。