目指すところは、いい塩梅

40代からの心地いい暮らしを見つけたい

支払った保険料を計算してみた

生まれて50年近く

幸いにも、大きな病気をすることなく

入院したのは、二人の子どもの出産のみ

という生活でした。

 

が、去年の12月

子宮筋腫の治療のため

子宮全摘手術を受けたため

人生で初めて保険金を請求しました。

 

その時、わいた疑問を解消してみようと思います。

 

私っていくら払って、今回の保険金もらったんだろう?

では、具体的に計算していってみましょう。

支払った保険料

平成18年7月に加入 入院給付金 8,000円

          その他手術の特約、災害特約、女性疾病特約

          保険料 3,618円 

平成22年に減額    入院給付金 5,000円

          その他の特約減額、女性疾病特約は解約

          保険料 1,880円

 

平成18年から平成22年に減額するまでの保険料

    3,618円×43=155,574円

平成22年から現在までの保険料

    1,880円×95=178,600円

     合計 334,174円

 

受け取った給付金

入院給付金 5,000円×7=35,000円

手術給付金 100,000円

     合計 135,000円

 

今回のことで保険について思うこと

こうやって、金額を計算してみて

今の段階で言えば、単純に20万円ほど

多く払っているので、損じゃんと思ってしまいます。

 

これが、契約して早い段階であれば

助かったよね~と感じることでしょう。

 

確かに、今回も給付金が支給されたことは

助かったといえば助かったわけだけれど

じゃ、その分貯めてれば良かったのか?と

思ったりもしますよね。

 

保険って安心を買うようなイメージではあるのだけれど

以前聞いた言葉をふと思い出しました。

 

”不幸の宝くじ”

 

なんだか納得です。

そう、病気になった時に支給されるということは

病気にならなければ支給されない訳で。

 

保険料も安くて収入もあまり多くない年齢では

医療保険っていいのかもしれないけれど

それでも、健康保険にちゃんと加入していれば

高額医療の申請さえすれば

窓口で支払う治療費は、ある程度予測できます。

 

今回、私の入院期間は7日間。

腹腔鏡による子宮全摘手術で

術後の5日間個室にしてもらったので

個室代3,000円プラスでも

窓口で支払ったのは、10万円くらいでした。

 

随分前に保険を見直して

減額したりもしていたのだけれど

今回の入院で

そもそも保険というものに対する考え方を

いちから考えてみた方が良さそうだなと思います。

 

確かに、病気になった時を考えることも大切だけれど

家計を圧迫するほどの保険料を払い

食費を節約なんてことになったら

本末転倒ですのでね。

 

それではまた。