目指すところは、いい塩梅

40代からの心地いい暮らしを見つけたい

子宮筋腫腹腔鏡手術~入院準備~

腹腔鏡下手術にて、子宮全摘手術を受けることにしたのは

こちらで。

www.yamashitamaki918.com

 

今回は、入院準備のことを書いていきたいと思います。

 

入院中に必要だったもの

まず、病院から持ってくるようにと言われたのは

ペットボトルの水 500ml 2~3本

ペットボトルに付けられる蓋つきストロー(百均などにあります)

下着、靴下、羽織るもの(寒いと思えば)です。

 

あとは、病院内の売店はありませんので、

自動販売機で飲み物を購入する程度のお金かな。

 

私がお世話になった白河産婦人科では

ほとんど病院で準備されているので

あまり持って行くものはありませんでした。

 

 寝巻

 タオル

 歯磨きセット

 化粧水・乳液セット

 コップ

 スリッパ

 コーヒーセット

 箸

上記の物は、病院に準備されています。

 

タオルは洗面所にたくさん用意されていますし

使ったタオルは、かごに入れておくだけです。

私は数枚、家からも持って行っていたのですが

使うことはなかったです。

 

下着も名前を書いて

洗面所のカゴに入れておけば洗濯もしてもらえますので

入院日数分、持って行かなくても大丈夫ですし

入院中に家族に洗濯物を取りに来てもらわなくては

などという心配も、無用です。

 

不安症な私は、余分なものを色々と

持って行きましたが、術後すぐ主人に持って帰ってもらいました。

 

術後、少し出血しますので、ナプキンは必要ですが

私の場合は、出血量も少なかったので

手術セット(500円で買います)の中のものと

数枚あれば十分でした。

これは個人差もあるかと思うので

少し余分に持っていてもいいかもしれませんし

病院で追加購入も可能です。

 

持って行って良かったもの

持って行くものは、ほんとに少なかったのですが

その少ない中で、準備に迷ったのが下着です。

 

腹腔鏡手術では、おへそと下腹部に三か所

術後傷が出来ますので

普段身に着けている下着では痛いと思います。

 

私は、お腹がすっぽり隠れるタイプで

普段のサイズより一つ大きいものを選びました。

 

しまむらで2枚580円くらいのものを購入しましたが

十分活躍してくれました。

 

 

ブラジャーについては

普段つけているものだと、少し窮屈な感じがしたので

Wingのきちんと楽ブラ 綿混デイリータイプ(3,200円くらいだったかな)

で過ごしました。

 

ちゃんとパットも入っているのにやわからくて

入院中も退院後も活躍してくれました。

 

入院、手術といっても

そのために準備したものは、それくらいで済みました。

 

買っておけば良かったと思ったもの

入院中は感じなかったのですが

退院して、家で過ごすようになって

買っておけば良かったなと思ったものが

唯一、ワンピースの服を二枚ほど。

 

病院では、寝巻は借りていますので

もちろん不便を感じるはずはありません。

 

ところが、退院して普段着ていたものを着ようとすると

私が、ウエストで止まるものしか持っていなくて

おへその傷に当たって痛いのです。

しばらくは、ジーパンなど履けるはずもなく

あ~ワンピース買っておけば良かったなと思いつつ

結局、スカートのファスナーを半分くらいで止め

アウターで隠すという方法でしのいたのでした。

 

それではまた。