目指すところは、いい塩梅

40代からの心地いい暮らしを見つけたい

老いた親について思うこと

老いた親の気持ちはわかるのか?

 

最近の私のモヤモヤです。

 

40後半ともなれば

親もそれなりに歳をとってきました。

 

母は10年ほど前になくなりましたので

私の家から車で10分程度の実家で、父は一人暮らしです。

 

相談があると電話やメールをしてきたりするので

様子を見に行くと

用事があることはほとんどありません。

ただ、話し相手が欲しいというところでしょう。

近いとはいえ、毎日行くことはありませんから。

 

テレビで高齢者の起こす交通事故のニュースを見ると

うちの父もそろそろ免許証は返納した方が

いいのではないだろうかと思います。

 

本人にも提案するのですが

困ったことに本人はしっかりしているつもりなのが

怖いところ。

典型的な頑固おやじとでも言いましょうか。

周りの言うことなんか聞きませんよね。

 

家を片付けてほしいアピールはするけれど

いざ、片付けようとすれば気に入らないし。

 

どこに仕舞ったか忘れるというので

何がどこに入っているかわかるように

引き出しにラベルをつけて書けばいいのでは?と

提案しても、そんなことをするのは恥ずかしいと言います。

私と姉しか行かないのに

何が恥ずかしいのだろうと思う日々。

 

そんな時、こんな本を見つけました。

「マンガで笑ってほっこり 老いた親のきもちがわかる本」

 

お~私のモヤモヤを解決してくれそうと

早速購入しました。

が、読んでみても解決することはありません。

 

子育てで育児書を読んでみても

当てはまることが少ないのと同じかな。

 

車の運転についてのマンガもあったのですが

徒歩圏内で楽しめる趣味をすすめてみては?というアドバイス

 

歩いて行ける所なんてないなぁ。

私が学生の時、どこに行くにしてもあまりに遠く

学校から帰って遊びに行くなんてことは

考えたこと無かったぐらいですから。

 

市のホームページで何か支援的なものは

無いかなと探してみると

返納者には年間3000円の補助でした。

これでは、タクシーを利用という訳にはいきません。

公共交通機関の発達したところなら

すんなりいくのでしょうかね。

 

最近の父との会話は

どうも日本語が通じない・・・そんなイメージです。

素直な気持ちを言うと

ある意味、宇宙人と思った方が

私は心穏やかに会話ができるのでは。

 

老いた親の気持ちをわかろうとすることも大切だけど

私は、まずは自分の心が穏やかであるということを

優先していってもいいかなというところに

落ち着きつつある今日この頃でした。

 

それではまた。