目指すところは、いい塩梅

40代からの心地いい暮らしを見つけたい

人の不幸は蜜の味

周りの人がどうしているのかが気になる。

そういう時の自分って、気持ちの整理が

ちょっと上手くいっていないのかなと思っています。

 

 

うちの子どもたちはもう大きくなったので

学校の参観日があるわけでもなく

休みの日に子供会の行事があるという訳でもありません。

 

そして、うちは田んぼに囲まれているので

お隣さんがありません。

 

なので、あえて自分から出ていかない限り

ご近所のこともだし

子どもの以前の友達の様子も知ることはありません。

 

それはそれで、うわさ話に巻き込まれることなく

気楽でいいなという感じではあります。

 

ですが、周りに無関心な私でも

時々、子どもの同級生の〇〇ちゃん

そういえば、進路どうしたんだろうとか

思うことがあります。

 

そして、気になるのは私だけでも無いのか

普段は全然話もしないような方から

「そういえば、お子さん就職したの?」とか

「どこへ行ったの?」と聞かれることも多い時期。

 

私は、わざわざ聞いたりはしないけれど

そういうことが、気になってる時って

自分だけが取り残されてるような感じがしていたり

もしかしたら、

上手くいってないことを願っていたりするのかもしれない

と思ったりします。

 

なぜなら、簡単に言ってしまえば

人の不幸は蜜の味ですもんね。

 

そんなことを考えてしまう自分が

嫌だなと思ったのだけれど

これもまた自分なんだなと思うと

ちょっと情けない気がしています。