目指すところは、いい塩梅

40代からの心地いい暮らしを見つけたい

私ってシニア?

「ちょっと聞いて~。

 テレビ見ててショックなことがあったの!」

 

私より少し年上の友達とあった時の会話です。

 

詳しく聞くと

52歳の女性がインタビューされているのを

テレビで偶然見かけたそうです。

 

インタビューの内容は覚えてはいないのだけれど

その画面の右端に

シニア世代の〇〇みたいな文字を見つけ

それがショックだったというのです。

 

何がショックだったかって

自分と年の変わらない人が

シニアと呼ばれていることがショックだったと。

 

二人で何歳くらいからがシニアなのかと話してみると

私たちの意識としては

シニアというと、60歳を超えたところから

あたりのイメージがあったのです。

 

一体、何歳からがシニアなんでしょうね。

 

ネーミングは色々ですが

シニアというような意味合いでの割引がしてもらえる年齢から

少し見てみようと思います。

 

テーマパークの割引は、60~65歳以上

飛行機の割引も、60~65歳以上

映画では、夫婦50割引というのがあって

夫婦のどちらかが50歳以上だと割引されたり

イオンやイトーヨーカドーなどのスーパーの割引は

55~65歳と店によって幅があるようです。

 

ハローワークでは、55歳以上だし

JRの割引は、50歳以上だったりします。

 

こうやって見ていくと

シニアが何歳からかというのも、いろいろではありますが

早い場合で、50歳からというのもあるので

そういう認識もあるのだなと納得です。

 

JRなんかは、もう少しすると

割引になるんだ!と思うと嬉しいような気もするけれど

ちょっと複雑。

 

ま、みんないずれシニアになる時は来るのですから

それは、受け入れるしかありませんね。

 

それでも・・・

と思ってしまうのはなぜか?

 

シニア=高齢

 

というイメージを持っているのかも。

さすがに、50歳代の人を高齢者とは言いませんよね。

 

最も多く採用されているという高齢者の定義は

65歳以上ということですから

この50歳から65歳までのシニア層には

違和感のある言葉ということになるのだろうと

感じました。

 

そのシニア層に片足入れたくらいの私は

先日、買い物をしていて

自分が通路をふさいでいることに気づかず

後ろで待っている方がいたということがありました。

 

周りに対する注意力が減っている証拠ですね。

 

気持ちは、そう年を取っていっているという感覚はないのだけれど

こういうちょっとした時に

あれ?ということは、無きにしも非ずです。

 

シニアと呼ばれることに

違和感を感じる気持ちは持ち続けていたいけれど

体力的な問題や体の変化に関しては

シニアという年齢を受け入れ

気を付けていかなければいけないなと感じたのでした。

 

それではまた。