目指すところは、いい塩梅

40代からの心地いい暮らしを見つけたい

制服って当たり前じゃなかったんだ

先日、銀座の小学校で

アルマーニ監修の制服を導入するというニュースが

話題になりました。

 

小学生の制服で、セットで8万円もするなんて

その価格にはとても驚きました。

それに小学生ってことは

多くの場合、途中での買い替えも考えると

ますます経済的には大変なことです。

 

ですが、そんなニュースの中でサラッと紹介された

公立小学校の制服の着用率に、私はもっと驚きました。

 

だって、20パーセントちょっとというじやないですか!

 

私の中では、小中高の間は制服が当たり前でしたので

この着用率の低さに驚きました。 

全国的にみると制服を採用している小学校って少ないんですね。

 

調べてみるとどうも地域差があるようです。

 

年代別の着用率に大きな差はないものの

中国・四国地方では、60~70%であるのに比べ

関東・東北地方などでは、10%前後となり

関東なのでは、私服の方が当たり前のようです。

 

私は、広島県で生まれ育ち

そこから大して出ることもなく40後半を迎えています。

 

なので、そういえばテレビドラマに出てくる小学生は私服だったな

と、思い出してみたりしています。

 

改めて思うに

自分の知っている世界は

とても小さいものなんだと痛感します。

 

私の中の当たり前は

全然世の中の当たり前でもないし

よく言う「普通」でもなかったんだということです。

  

話題の焦点となっている

小学生にそんな高価な制服は必要かという問題では

私はアルマーニである必要はないと思います。

 

もし、私の子どもが通うのであればと考えると

経済的に負担の少ないものを取り入れて欲しいと思うでしょう。

 

その問題とは全然別のところで

私は思いがけず、自分の住んでいる世界の小ささに

改めて気づくことが出来ました。

 

自分の常識なんて大したことないですね。

 

今、自分のいる世界がすべてだと思ってしまうから

息苦しかったりするのでしょう。

 

でも、そんな事はさして気にすることなんてないなと

しみじみと思った今日この頃でした。

 

それではまた。