目指すところは、いい塩梅

40代からの心地いい暮らしを見つけたい

どこまでのキレイを目指すのかは、自分基準で

車があまりにも汚いので

洗車をしていてふと思い出したこと。

 

「もう〜まあちゃんは、ツメが甘いよ〜」

 

もう二十年以上前の話ですが

友達に、車を洗ってワックスもかけたと話した時に

洗車された私の車をみて

その友達が言ったひと言です。

 

まあね、車のエンブレムというのでしょうか

ロゴマークのところには、ワックスが詰まって残ってたり

拭き残しがあったように思います。

 

そんな大雑把な私の性格と相殺してちょうどいいくらい

几帳面な彼女だったから

もう~掃除途中じゃん!くらいの感じだったんだと思います。

 

それから、20数年が経ち

私の中で何かが変わったのか・・・といえば

これがびっくりするほど、変わってないことにこれまた

驚きました。

 

今は寒し、車はあくまでも移動手段と割り切っているので

ザッと水洗いをして、拭きあげたわけですが

ちゃんと乾いてからみると

やっぱり相変わらず拭き残してるし、ははっ。

 

そんなことを思い出すということは

いい加減な自分にコンプレックスが多少なりとも

あるのではなかろうかと思ったり

ちゃんとしなくちゃいけないとか

思っていたりもするのかなとも思ったります。

 

が、今の私としては

ツメが甘くてももういいんじゃないかと。

 

目指すところは、ピッカピカに磨き上げられた車ではなくて

パッと見、汚くなければ良しなのです。

 

なので、ほんとに最近はワックスをかけることもなく

でも、ちょっとだけ水洗いの頻度を上げてみる。

 

そんな感じで、時間をかけず

”割りとキレイ”な状態を目指すことにしています。

 

車の中も、基本的にガソリンスタンドで借りるタオルで拭くくらい。

それでも、マットに砂がないだけで

結構綺麗に見えたりするので、マットの砂だけ払ってみたり。

 

洗車だけに限ったことではなく

家のお手入れにも言えることだと思うけど

掃除をするというより

ちょこっと手をかける

 

そんな感じが

楽してほどほどにキレイを目指すには

いいんじゃないかな。

 

それではまた。