目指すところは、いい塩梅

40代からの心地いい暮らしを見つけたい

高齢介護のチェックリスト

うちの親、認知症かな・・・。

そんなことを思う時はありませんか?

 

うちの父、一人でご飯が食べれないとか歩けないなどと言うほど明らかな変化ではないのだけれど、同じことを何度も言うとか、そういえば最近なんだか引きこもりがちかな?とか、そんな感じ。

 

父は、自分の事が出来ないほどではないけれど、ちょっと様子が変なので、地元の地域包括支援センターに相談に行きました。

 

その時の様子はこちらで。

 

www.yamashitamaki918.com

 

で、その相談の中で知ったチェックリストなる厚生労働省が作成しているモノ。

 

うちの父の場合は、地域包括支援センターの職員さんがすでにチェックしてくれています。

自分の親がどういう状態なのかを客観的にみることができるので、介護が必要?と思ったら、一度チェックしてみてはいかがでしょう。

 

f:id:fukuyamalife:20180914130053p:plain

今治市役所(高齢介護課 地域包括支援)のHP のチェックリストがわかりやすいなと思ったので、お借りしました。

 

厚生労働省のHPに、詳しいチェックリストの考え方もありましたので、下のリンクからどうぞ。

https://www.mhlw.go.jp/topics/2007/03/dl/tp0313-1a-11.pdf

 

誰かに助けて欲しい。

私にとっては、介護ってそんな感じです。

 

今の私たちの生活の中で、身内だけで介護をしようなんて思うと、それだけでこちらも参って仕舞います。

私たち自身の生活の為にも、仕事はしなくてはいけませんしね。

 

いつまで続くかわからないのが介護だと思いますので、気合を入れず、無理をせずの精神でやっていくこととします。

 

それではまた。

 

f:id:fukuyamalife:20180914140153j:image

歯の健康をおろそかにした事を後悔する

先月、朝ごはんにパンを食べていた時のこと。

 

パンですよ。そうパンなんです。

柔らか~いパンを食べていたはずなのに、右奥歯にズキッと痛みがはしりました。

 

もういつ治療したかも記憶にないので、10年くらい経っているであろう被せがしてある奥歯が痛み始めたのです。

 

歯が痛いのは我慢できませんから、先月から治療に通っています。

歯の根っこに大きな虫歯が出来ていました。

幸い、信頼できる歯科医の先生を紹介してもらうことが出来て、安心して治療はお任せしています。

 

こうやって歯科に通院することになる度に、後悔することがたくさんです。

 

なんで定期的に歯科検診してなかったんだろうな~。

甘いコーヒーもダラダラと飲んじゃってたし。

チョコもちょこちょこ食べてたよな(ダジャレじゃなくて笑)。

あ~つまみ食いもついついしちゃうし。

そういえば、歯磨きもテレビを見ながらだしな~。

 

診察台の上でキーンという機械音を聞きながら、いつもこんなことが頭を駆け巡ります。

 

もう神経を抜いている歯なので治療自体は痛くはないのだけれど、奥歯なのでこれでもかと言うほど口を開けなくてはならず、あご外れそう・・・などと思ったりもしています。

 

健康な体でいるためには、やっぱりよく噛んで美味しくご飯が食べれることが大事なのはわかってはいるけれど、ついつい後回しにしてしまいがちな歯の健康。

 

削ってしまった歯はもう元には戻らないけれど、今ある歯を少しでも長く使っていきたい気持ちは山々で。

 

今回割と大変な治療みたいで、通院もなかなかの回数です。

 

家から遠くもあり大変ではありますが、以前近いからという理由で選んだ歯科医が最悪だったという経験から、今回は歯科医院も慎重に選び通院しています。

 

この治療が終わったら、今度こそ定期的な歯科検診を欠かすまいと心に誓う私です。

 歯槽膿漏なども気になってきますしね。

 

痛くなる前に、歯科検診に行くことを強くおススメします。

それではまた。

 

f:id:fukuyamalife:20180910171629j:image

 

 

親の介護で困ったら・・・

最近特に気になる一人暮らしの父の様子。 

 

アラフィフ主婦世代の親となると、なかなかのお歳になり気になっているという方も多いのではないかと思います。

 

かと言って、誰かれ構わず相談するという訳にもいきませんよね。

 

でも、このままだといい状態にならないことは間違いない。

 

そこで、何かサポートしてもらえることはないだろうか?

 

ありました!

地域包括支援センター

 

住んでいる地域名でこの地域包括支援センター検索して頂いたら、近くの施設が出てくると思います。

 

介護に慣れているなんて人は稀でしょう。

どんなサポートがあるのかも、私は全然知りませんし。

 

ということで、早速姉と行ってきました。

どんな感じなのだろうと、相談に行くだけなのですがちょっとドキドキしていました。

 

いざ、施設に行ってみると、スタッフの方もとても親切でしたし、親身に相談に乗っていただけました。

 

あ~、もっと早くに相談に来ればよかった~という感じです。

 

介護サポートにも流れみたいなのがあるようで、あるサービスを3か月受けてみてそこからまた、どうしていくかを考えましょうということで、今回の相談は終わりました。

 

どうやっていくかという道筋が少し見えただけでも、なんだか安心です。

 

「子どもだから」という理由だけで、介護を背負うには重すぎると私は思ったりします。

 

なので、サポートして頂けることはあり難く受けさせてもらって、少しでも長く元気な状態で父にいてもらうことに、注力したいなと思います。

 

それではまた。

 

f:id:fukuyamalife:20180908161558j:image

 

 

買う理由が値段ならやめておく

日々、節約しているつもり。

 

でも、ついつい仕事帰りに寄ってしまうコンビニや、時間があると用もないのしてしまうお出かけが、塵も積もってなかなかの額になっていたりしてしまう。

 

つい先日もコンビニで、普段なら買わない一枚が150円くらいするようなクッキーが賞味期限間近で安くなっていて、思わず二つ買って帰りました。

 

普段買わないクッキーが安く食べれたと思えばいいのだけれど、結果としては普段なら買わないものを買ってしまっているわけで。

 

それに、痩せたいと言いつつ二枚も食べるって我ながらどうよ?って感じです。

 

一枚を150円で買っていれば、二枚は買わないから余分に食べることも無かったし、そもそもそのクッキー自体食べてなかったはず。

 

わざわざお金を使って、自ら太る選択をしてる自分を反省です。

 

安くなっていると「買わなくちゃ損」のような気分になってしまいがちなのだけれど、本当に必要でないものならば、買うだけ損。

 

モノを買う時の理由って、私の中では二種類に分かれると思って

一つは、「安かったから」

二つ目は、「欲しかったもしくは、必要だったから」

 

安かったからで買ったモノには、比較的執着もなく愛着も湧かないことが多く、これ欲しかったんだ~って買ったモノって、割と大事にしていることはわかっています。

 

大きなものだと、ここをよく考えて買うのだけれど、数百円とかの小さなものとか食料品とかだと、ついつい安かったからって二つ買ったり。

 

わかっててなんで買っちゃうんだろうなぁ。

 

買ったつもり貯金とかしたら、かなり貯まりそうだな。

 

あとは、自分の意志だけなんだよね。

 

そうだ。今月は、「買う理由が値段ならやめておく」月間として、買い物をするときには”それ何で買うの?”って自分に聞くことにしよう。

 

それではまた。

 

f:id:fukuyamalife:20180903144218j:image

 

 

格安SIMへの道~②

前回、割と早い超入り口の段階で若干くじけてしまっていました、スマホのバックアップ。 

www.yamashitamaki918.com

 

バックアップ用に買ったUSBメモリのパッケージに書かれていたQRコードを読み取り、アプリはダウンロードしました。

 

f:id:fukuyamalife:20180901145025j:image

 

使ったのは右端のモノだけです。

やってみれば、使い方も簡単でした。

アプリを起動させ、本体と接続して、端末から外部ストレージへの所をポチっとするだけ。

 

これなら、私でも出来るじゃん(笑)。

これで、写真や動画、アドレス帳はバックアップが取れました。

 

ですが、ここでまた疑問です。

ん?でもアプリは?

 

私は、今のままのスマホの状態をバックアップでとっておきたい。

 

そうなると、やっぱりパソコンでiTunesに保存するのが一番だったのかな。

 

え~、これまたくじける。

 

もしくは、写真のバックアップは取れたのだから、本体から削除して容量減らしてiCloudに保存とかできないのかな。

 

一歩進んで二歩下がる・・・とは、まさにこんな感じです。

結果として、今回何も進んでません。

 

息子の通信費が今、700円ということに驚き、知らないってことはそれだけで損だし、何をするにも大変だわとしみじみ感じる今日この頃でした。

 

は~がんばろっと。

 

便秘解消実験~キウイフルーツは本当に効くのかな~

今回は、便秘解消について。

便の話なので、興味ないよって方はスルーしてくださいね。

 

何の番組だったのかは覚えていないのだけれど、便秘解消にキウイフルーツが効くよというようなことをやっていたのを観ました。

 

以前は便秘で悩むようなことは少なかったのですが、去年、子宮摘出の手術を受けてからちょっと便秘気味かなとか思うことも時々あるようになった気がしていたりもして。

 

その番組を真剣に見ていたわけではないのだけれど、やり方が簡単だったので私でも記憶に残っていて、試してみることにしました。

 

キウイフルーツを三度の食事のタイミングで、一日一個以上食べる」

 

これだけです。

三度の食事の度に一個ずつでもいいのだけれど、それはちょっと面倒だなってことで、私は夕食の時に2個食べることにしました。

 

なぜ2個か?

 

大した理由はないのですが、一個だと効果が期待できるまでに時間がかかりそう。

かと言って3個となると一か月に約一万円をキウイフルーツにつぎ込むということになるので、それも嫌かなって。

なので、間を取って2個です。

 

f:id:fukuyamalife:20180831164005j:image

 

2個で、こんな感じです。

 

2週間食べてみた結果、出なかったのは7日目と10日目のみ。

 一日に二回排便があることもあり、お腹はスッキリかなと思います。

 

食べる前と比べるとすんなりと出るようになったし、こんな風に毎日排便があるのも久しぶりです。

 

食事は今まで通りで、特に気を付けたことはありません。

 

満足のいく結果です。

 

あと問題になってくるのは、ず~っと二個ずつ食べていくのも、お財布的に厳しいかなということ。

 

なので、一か月経ったら、一日一個にしようかなと考えています。

続ける事が大事だと思うから。

 

あとは、これを機にウォーキングをしたりとか、もっと食事にも気を付けてみるとか、生活のバランスを良くするようにしていきたいかな。

 

先週から、夕方30分ほどのウォーキングを始めたので、週3~4くらいの頻度では続けていければ、尚良しということで。

 

もし便秘に困っているということでしたら、1日一個以上のキウイフルーツを食べる!を試してみてもいいかもしれませんよ。

 

それではまた。

 

父のエンディングノートについての私の誤算

先日、実家の父にエンディングノートを書いてもらおうと持って行きました。

詳しくは、こちらの記事で。

 

www.yamashitamaki918.com

 

その時には好反応でしたので、書いてくれるだろうと思って帰りました。

今回は、その後の話。

 

 

ところが・・・でした。

数日開けて様子を見に行ったら、私の持っていった「もしもに備える安心ノート」は影も形もなくなっていまして。

 

書いてみたか確認してみましたら、

「あ~、それならまたどっかから出てくるじゃろ」です。

 

私の誤算でした。

 

その時には気分的に盛り上がったものの、本人が困っていることを自覚していないのだから、自主的に書くわけがなかったのです。

 

「テレビでみたんだけどさ~」は効きました。

エンディングノートもすんなりと受け入れましたので。

 

ですが、その時の気分に持続性はなかったようです。

 

ノートを持って行ったときに、聞きながら一緒に書くのが正解だったかなと思っています。

 

同じものを買いなおすのももったいないので、また行った時にちょっと引き出しを探してみましょうかね。

 

f:id:fukuyamalife:20180830120322j:image